文字サイズ

開館88周年記念イベント

フランス料理の巨匠 テットドワ氏の
ランチ&ディナー

2016年9月17日(土)

2テットドワ氏サイズ変更470×470

フランス料理界の至宝・テットドワ氏が再来日!昨年に引き続き「ラタン」でお楽しみになれます!

昨年に引き続き、MOF(フランス国家最優秀職人章)の称号を持つフランス人シェフ、クリスチャン・テットドワ氏をお招きいたします。
今年は当館1Fレストラン「ラタン」にて、ランチとディナーの両方でご賞味いただけます。
今回のお料理は、世界中で活躍しているテットドワ氏と、学士会館がコラボした伝統のフランス料理を提供いたします。ぜひ、この機会にお楽しみください。

テットドワ氏 画像2LOGO TETEDOIE sur fond blanc (1) サイズ縮小

「テットドワ氏のランチ&ディナー」

【日時】  9月17日(土)  ランチ 12時~(受付11時30分) ディナー 18時~(受付17時30分)

【会場】 学士会館1F レストラン「ラタン」 

【定員】 ランチ・ディナーともに50名(事前予約・当日精算)

【料金(飲料別)】 ランチ8,000円(税込) ディナー15,000円(税込)
※ディナータイムは、清算時に別途サービス料(10%)が加算されます。

※学士会会員は会員証提示により、ランチ・ディナーともに飲食料を含め10%割引(同伴者様も全て適用)されます。

【お問合せ・ご予約】 03-3292-0881 レストラン「ラタン」
※2016年8月1日(月)午前10時より、レストラン「ラタン」で受付を開始いたします。

主催:学士会館   協力:FFCC(フランス料理文化センター)

illust4519

【 LUNCH   MENU 】

Fruits de mer et fleur en fine gelée

海の幸と花たちのゼリーフィルム仕立て

La canette en 2 facons : Le suprême cuit sur os, les cuisses désossées et confites

仔鴨を2種の焼き方で 骨付き胸肉と腿肉のコンフィ

Autour de la Pomme, Meringue à la Menthe & émulsion Champagne

林檎のミント風味のメレンゲとシャンパンのエミュルション

Café

コーヒー

※食材の入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合があります。

illust4519

【 DINNER   MENU 】

Amuse-bouche

アミューズ

Fruits de mer et fleurs en fine gelée

海の幸と花たちのゼリーフィルム仕立て

Carpaccio de Turbot flambé, Poivrons rouges rôtis & Maïs grillé

フランベした平目のカルパチョ 赤パプリカのロティとトウモロコシのグリエ

La canette en 2 façons : Le suprême cuit sur os, les cuisses désossées et confites

仔鴨を2種の焼き方で 骨付き胸肉と腿肉のコンフィ

Autour de la Pomme, Meringue à la Menthe & émulsion Champagne

林檎のミント風味のメレンゲとシャンパンのエミュルション

Mignardises

小菓子

Café

コーヒー

※食材の入荷状況によりメニュー内容が変更になる場合があります。

illust4519

【 DRINK   MENU 】 (こちらは、おすすめのワインです。お飲み物は別料金となります。)

NAPOLEON  CUVÉE  TRADITION  BRUT

ナポレオン  キュヴェ  トラディション  ブリュット
(シャンパーニュ) 品種:シャルドネ50%、ピノノワール50%

SANCERRE  BLANC

サンセール
(白) ソーヴィニヨンブラン100%

CHOREY  LES  BEAUNE

ショレイ  レ  ボーヌ
(赤) ピノノワール100%

※入荷状況によりワインの内容が変更となる場合があります。

b_simple_72_2M

《 クリスチャン・テットドワ 》
フランス(リヨン)「クリスチャン・テットドワ」オーナーシェフ
1996年にMOF(フランス最優秀職人章)取得
2011年にレジオン・ドヌール国家名誉功労章を受章
メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会会長

幼少より家族の影響で料理に親しみ、地元の誇る名店『ポール・ボキューズ』に憧れて料理人の道へ。17歳でフランス最優秀アプランティ(見習い)に選ばれる。ポール・ボキューズ、ジョルジュ・ブランらのグランシェフの下やエリゼ宮で修業を重ねる。1986年リヨンに戻り、オーナーシェフとして『テットドワ』をオープン。好評を得るが更に精進して1996年にMOF(フランス最優秀職人章)の称号を取得し、2000年にフランス「ミシュランガイド」一ツ星を獲得する。そして、2011年にはフランス最高の栄誉であるレジオン・ドヌール国家名誉功労章を受章しました。新たなプロジェクトに挑戦しつつ、現在、「メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会」(フランスで最も会員数が多く歴史のあるシェフの協会)では会長の任をつとめ、世界のフランス料理伝導者として活躍している。