1月23日(水)、旬菜寿司割烹「二色」において、食と酒のシリーズイベント第11回を開催いたしました

食と酒シリーズ第11回
「世界遺産和食と日本酒のペアリングを楽しむ会」

宮城県最古の造り蔵、内ヶ崎酒造店の銘酒「鳳陽」です。酒造業は寛文元年(1661年)、二代目作右衛門の創業以来、350有余年県内屈指の歴史と伝統を誇っています。今回は、宮城県産の「海の幸・山の幸」をご用意しました。旬を迎えた高級食材を使い、「二色」鈴木料理長の技で皆様を魅了し、お楽しみいただきました。

◇イベント特別コース◇

先付・・・柚子釜虎河豚白子もと焼(ペアリング酒①)
前菜・・・手綱寿司・常節礒煮・車海老きゃびあ・鰆幽庵焼・さーもん砧巻
     五福豆・仙台牛ろーすと菜花巻・子持昆布ゼリー寄せ(ペアリング酒①)
お造り・・伊勢海老姿盛・本鮪・天然鯛松皮造り(ペアリング酒②)
煮物・・・仙台牛せろはん包み煮(ペアリング酒③)
焼物・・・鮟鱇肝焼・天然鰤塩焼 (ペアリング酒④)
お食事・・本鮪・筍目張・真鯖・地煮蛤(ペアリング酒④)
お椀・・・甘鯛のすまし汁(ペアリング酒④)
水菓子・・干支最中・紅芋ぷりん・梅麩餡

◇日本酒ペアリング◇

①大吟醸 鳳陽 山田錦
②純米大吟醸 鳳陽
③甘口純米酒 鳳陽 甘彩
④特別純米酒 鳳陽 源氏

 旬菜寿司割烹「二色」のページへ⇒