『学士会館ガラディナー』 ~エレガントなエスプリ~

 学士会館では、昨年に引き続きフランスの食の都リヨンからMOF(フランス国家最優秀職人章)の称号を持つフランス人シェフ、クリスチャン・テットドワ氏をお招きし、晩餐会を開催いたします。
「料理すること、それは分かち合うこと」をモットーに、世界を股にかけてフランス料理のエスプリを伝えている、テットドワ氏が手掛ける伝統のフランス料理をご堪能ください。
さらに、お料理と合わせた厳選ワインとのマリアージュもご期待ください。

LOGO TETEDOIE sur fond blanc (1) サイズ縮小 テットドワ氏の動画がご覧になれます。

『学士会館ガラディナー』 ~エレガントなエスプリ~

【日時】  11月22日(金)  18時30分開宴(受付18時~)

【会場】 学士会館210号室

【定員】 100名(事前予約・事前精算)

【料金(お食事・お飲物込)】 一般 20,000円(税サ込)   
            学士会会員 18,000円(税サ込)
   ☆学士会会員の同伴者様も全て会員価格でご参加いただけます。

◇お申込はこちらから(オンラインショップ)>>

◇お問合せ:03-3292-5934(専用窓口) 10時~19時                          

主催:学士会館   協力:

illust4519

【 MENU 】

●アミューズ ブーシュ:ニンジンのデクリネゾン

●サーモンのグラブラックス オランデーズソース バーベナとダイコン

●アンコウのパネ オリーブとスモークの香り
  オリーブとアーティチョークのタプナード

●鹿の背肉のポワレ 洋ナシとトリュフ

●ブルーベリー、ライムとアーモンドのデザート

●ミニャルディーズ

●カフェ

illust4519

《 クリスチャン・テットドワ 》
フランス(リヨン)「クリスチャン・テットドワ」オーナーシェフ
1996年にMOF(フランス最優秀職人章)取得
2000年に「ミシュランガイド」一ツ星を獲得
2011年にレジオン・ドヌール国家名誉功労章を受章
メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会会長

DSC_3653 220×220

幼少より家族の影響で料理に親しみ、地元の誇る名店『ポール・ボキューズ』に憧れて料理人の道へ。17歳でフランス最優秀アプランティ(見習い)に選ばれる。ポール・ボキューズ、ジョルジュ・ブランらのグランシェフの下やエリゼ宮で修業を重ねる。1986年リヨンに戻り、オーナーシェフとして『テットドワ』をオープン。好評を得るが更に精進して1996年にMOF(フランス最優秀職人章)の称号を取得し、2000年にフランス「ミシュランガイド」一ツ星を獲得する。そして、2011年にはフランス最高の栄誉であるレジオン・ドヌール国家名誉功労章を受章しました。新たなプロジェクトに挑戦しつつ、現在、「メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会」(フランスで最も会員数が多く歴史のあるシェフの協会)では会長の任をつとめ、世界のフランス料理伝導者として活躍している。