文字サイズ

学士会館スペシャルイベント

仏料理界の2大巨匠
レストランイベント
大好評のうちに終了

2017年10月28日(土)

大好評のうちに終了いたしました!
ご参加いただきありがとうございました。

昨年に引き続き、MOF(フランス国家最優秀職人章)の称号を持つ世界的なシェフ、
クリスチャン・テットドワ氏をお招きいたしました。
さらに、今年はフランスが世界に誇るメートル・ド・テル(給仕長)、
「クープ・ジョルジョ・バティスト協会」会長であるレストランサービス界の重鎮、
フランク・ランギーユ氏にもお越しいただき開催されたイベントが大好評のうちに終了しました。

フランス料理の伝道者テットドワ氏が贈る伝統の華麗なフランス料理の数々と、
世界のサービスコンクールに尽力しているランギーユ氏が指揮するサービスがコラボレーションした、
見て楽しみ舌が喜ぶレストランイベントをご堪能されたと
ご参加されたお客様に大好評でした。

 

illust4519

「テットドワのレストランイベント」

【日時】  10月28日(土)  【ご予約時間】 18時 ~ 、18時30分 ~

【会場】 学士会館1F フランス料理レストラン「ラタン」 

※イベントは終了しております。

 

   

【MENU】

アミューズ・ブーシュ
チェリーとチキンクリーム、ショコラのフイユテ
Amuse-bouche
Feuilletés Cerise, Volaille & Chocolat

フォワグラとブラッドオレンジのマーブルテリーヌ
ミューズリーの衣をまとったオレンジ風味の鴨のコンフィ クロメスキ
Foie Gras & Orange Sanguine Terrine marbrée &
croustillant Muesli Cromesquuis de Canard confit à l’Orange

帆立貝のセジール、セップ茸とエピスの香り
Saint‐Jacques, Cèpes & à l’épice

オックステールのじゃがいもファルシ ブレジエール仕立て
Braisière d’une pomme de terre farcie à la queue de bœuf

ヘーゼルナッツのビスキュイとメレンゲ、プラリネのクレムー、
マーマレードと柚子のシャーベット
Biscuit, Crémeux & Meringue Noisette ,marmelade & sorbet Yuzu

ミニャルディーズ
Mignardises

コーヒー
Café

  

 

主催:学士会館   協力:FFCC(フランス料理文化センター)

b_simple_72_2M

《 クリスチャン・テットドワ 》
フランス(リヨン)「クリスチャン・テットドワ」オーナーシェフ
1996年にMOF(フランス最優秀職人章)取得
2011年にレジオン・ドヌール国家名誉功労章を受章
メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会会長

幼少より家族の影響で料理に親しみ、地元の誇る名店『ポール・ボキューズ』に憧れて料理人の道へ。17歳でフランス最優秀アプランティ(見習い)に選ばれる。ポール・ボキューズ、ジョルジュ・ブランらのグランシェフの下やエリゼ宮で修業を重ねる。1986年リヨンに戻り、オーナーシェフとして『テットドワ』をオープン。好評を得るが更に精進して1996年にMOF(フランス最優秀職人章)の称号を取得し、2000年にフランス「ミシュランガイド」一ツ星を獲得する。そして、2011年にはフランス最高の栄誉であるレジオン・ドヌール国家名誉功労章を受章する。

新たなプロジェクトに挑戦しつつ、現在、「メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会」(フランスで最も会員数が多く歴史のあるシェフの協会)では会長の任をつとめ、「料理すること、それは分かち合うこと」をモットーに、世界のフランス料理伝導者として活躍している。

《 フランク・ランギーユ 》
フランス国民議会付きレストラン メートル・ド・テル(給仕長)
2005年にクープ・ジョルジュ・バティスト協会会長に就任
レストランサービスコンクール「メートル・ド・セルヴィス杯」フランス審査委員長
※クープ・ジョルジュ・バティスト協会・・・・・フランスのホテル産業相互協会組合を運営母体をとし、1961年から開催されている、ヨーロッパで最も権威のあるサービスコンクール「ジョルジュ・バティスト杯」を運営する協会

レストランサービスを極めるため、英国・ドイツ・スイスにて修行をする。1984年に「ルレ・エ・シャトー協会」に属するホテル・レストランで、シェフ・ド・ラン(サービスキャプテン)に昇進する。1986年には「国民議会付きレストラン」の試験に合格し、同レストランで速やかにシェフ・ド・ランからメートル・ド・テル(給仕長)に昇進する。そして、1988年に「ジョルジュ・バティスト杯」プロフェッショナル部門で優勝を果たし、翌年同協会副会長に選出され、2005年同協会の会長に選任され、現在に至る。

日本では、1994年から開催されているサービスコンクール「メートル・ド・セルヴィス杯」の第1回大会より来日し、コンクールのノウハウを伝承しており、過去15回にわたり審査委員、協会会長として来日を果たし、日本のサービスコンクールの基礎を確定するうえで大きな功績を果たす。現在、「メートル・ド・セルヴィス杯」フランス審査委員長。

また、サービスコンクール世界大会の開催にも尽力し、2006年~2017年にフランス、カナダ、メキシコ、ベトナム、日本で大会を開催した。2012年「クープ・ジョルジュ・バティスト サービス世界コンクール東京大会」は、日本のレストランサービス業界に大きく寄与するなど、氏の行動力と陽気さ、エレガントさを兼ね備えたレストランサービスは、名プロモーターとして好評価を得ている。